スクリプツ・ラボ ホームページ > N-gram検索エンジン MindSearch > オンラインマニュアル > MindSearchIIIマニュアル



MindSearch III マニュアル



システム解説   準備   オペレーションガイド   プログラミングガイド  





システム解説

MindSearch概要

モジュール構成

ディレクトリ構成

処理限界値



準備


Mindのランタイムのコンパイル (Turbolinux Appliance Server 4 など一部のOSのみ必要な作業)

空きポート番号の確認

環境変数の設定



オペレーションガイド

MindSearchデーモンの起動と停止


デーモンの起動


デーモンの停止



開発関連ツールの使い方


msctrl(デーモン制御)


msclient(標準対話プログラム)


msstat(稼動状態表示)


msindexinfo(インデックスファイル情報)


mswildinfo(インデックスファイルの情報表示(2))


mscancelindex(インデックス作成の中止)


Unicode変換プログラム



サンプルのデータ/プログラム


サンプルデータ


msclientを使ったインデックス作成と検索
  ├─インデックスを作成してみる
  └─検索してみる


Perlで書いた対話プログラム(perlClient)


Javaで書いた対話プログラム(javaClient)


Perlで書いた簡易検索サイト(perlCGI)
  └─Unicode版のCGI


Javaで書いた簡易検索サイト(javaCGI)
  └─Unicode版のサーブレット



プログラミングガイド

MindSearchコアとの通信方法


接続


送受信


Perlの通信ライブラリ


Javaの通信ライブラリ


PHPの通信ライブラリ


文字コードについて



セッション管理とログファイル


セッション管理


同時接続するセッション数


ログファイル



アプリケーションの開始・終了時のコマンド


「INI」コマンド


レスポンスのチェック方法


「STA」コマンド(作業開始)
  ├─STAコマンド
  └─STAコマンドでの通信文字種指定


「FIN」「SUS」コマンド(作業終了)


「RES」コマンド(作業再開)

検索の仕組み


正規化
  ├─フィルタ(プレーンテキスト化)
  ├─文の切り出し
  ├─文字の正規化
  └─キーワードの正規化


検索
  ├─パターンマッチング
  └─ヒット文の出力

検索系コマンド


検索パスの指定
  ├─パスやファイル名の表記方法
  ├─「検索ベースパス設定」コマンド
  ├─「検索パス設定」コマンド
  ├─複数の検索パスの指定
  ├─複数のコマンドで検索パスを指定
  ├─ワイルドカードを含む検索パス
  ├─検索ベースパスと検索パスとの配分
  └─「検索ベースパス取得」「検索パス取得」


「検索」コマンド
  ├─キーワードの表記方法
  ├─キーワードの文字コード
  ├─キーワードの正規化
  ├─キーワード中の空白と記号の連続
  ├─n文以内に検索
  ├─絞り込みキーの指定
  ├─日付絞りのキーワード
  ├─否定キーワード
  ├─CHK:コマンドを使った確認
  ├─キーワード群の組み立て方
  ├─レスポンスへの応対(GETコマンド)
  ├─SS:レスポンス
  ├─SB:/SR:レスポンス
  ├─検索結果の読み出し単位
  ├─HTMLのメタキーワードでヒットした場合
  └─事前に指定できるオプション


全文取得
  └─ヒットしたドキュメントの全文取得


検索結果のシークとGET
  ├─シークをおこなえるタイミング
  └─シークの方法(GET:?/GET:n コマンド)


ディスクキャッシュの有効化


シソーラスのサポート

正規化の詳細と各種動作モード


文の切り出し


文字の正規化(記号と英字)


文字の正規化(ひらがな)


文字の正規化(カタカナ)
  ├─「中黒外しをオン/オフ」コマンド
  ├─「末尾音引き除去をオン/オフ」コマンド
  └─「カタカナ正規化レベル設定」コマンド


「オン」「オフ」コマンド(モードの切り替え)


その他のモード設定(オン/オフ以外のもの)
  ├─「最大検索数設定」コマンド
  ├─「最大検索数取得」コマンド
  ├─「精密検索数設定」コマンド
  ├─「精密検索数取得」コマンド
  ├─「エンジン側タイムアウト設定」コマンド
  └─「モード確認」コマンド

インデックス作成


検索パスの指定


インデックス生成パスの指定


インデックス作成コマンド(ファイルから作成)
  ├─通常の作成
  ├─差分インデックシング
  ├─上位URLの指定
  └─インデックスベースパスの設定/取得


インデックス作成コマンド(データーベースから作成)
  ├─インデックス作成コマンド
  ├─インデックス作成の詳細
  ├─「レコードID」について
  ├─「日時」について
  └─擬似的なデーターベースのインデックス作成


フィルタ定義ファイル
  └─フィルタ定義ファイルの明示


msclientをインデックス作成アプリとして使う

その他のコマンド


ファイル取得


バージョン番号取得




スクリプト構文規則






Copyright(C) 2000-2008 Scripts Lab. Inc.